ドラマ

生稲晃子のキッズウォー降板理由は何?初回放送が衝撃的すぎる!

1999年~2003年まで続いた人気ドラマ「キッズ・ウォー ~ざけんなよ~」

パート1から4まで出演されていた生稲晃子さんですが、シリーズ5作目で突然出演がなくなり、降板したのでは?といわれています。

生稲晃子さんの降板理由は何だったのか、キッズ・ウォー5の衝撃すぎる初回放送の内容をまとめました!

生稲晃子さんのキッズウォー降板理由は何?

シリーズ化された大人気ドラマ「キッズ・ウォー ~ざけんなよ~」に出演されていた生稲晃子さん。

キッズ・ウォーは元ヤンでバツイチの春子(生稲晃子さん)が、妻を事故で亡くした今井大介(川野太郎さん)と再婚し、お互いの子供たちが打ち解けていく姿を描いたホームドラマです。

ホームドラマ感の強いパート1,2で主人公を演じた生稲晃子さん。

パート3からは、シリーズ全てに出演された井上真央さん演じる娘の”茜”が主人公として移り変わりますが、今井家の母として生稲さんもシリーズ通して活躍されています。

ところがパート5から突然、生稲さんの出演がなくなるんです。

夫の大介はその後もちょこちょこ出演があったのですが、生稲さんは主人公でもあったにも関わらず

割と強引な設定で出演しなくなったことから、「降板説」が流れたんですね。

生稲さんが降板した理由としては、下記のような理由が上がっています↓↓

  1. 生稲晃子さんが実生活で結婚が決まり、シリーズ化ドラマが続けられなくなり降板。
  2. 生稲さんが「お昼のドラマはギャラが安い」と発言し、スタッフの耳に入り降板。

①は生稲さんが結婚されたのが2003年で、キッズ・ウォー5がスタートしたのも2003年とタイミングが合致したため理由として上げられています。

②については、生稲さんが踊るさんま御殿に出演された際、「お昼のドラマはギャラが安い」と発言されたことが元になっています。

実際にその言葉で制作サイドから降板を告げられたのかは、あくまで”噂”であり公表されたわけではないです。

ただ、どちらにせよ突然出演がなくなったことで、生稲さんサイドの問題で降板されたのでは?と言われていますね。

キッズウォー5の初回放送が衝撃的過ぎる!【動画】

生稲晃子さんの出演が突然なくなった、キッズ・ウォー5の初回放送の「強引な設定」とは

生稲さん演じる春子と、夫の大介が事故で死んでしまった設定になっていて、初回からお葬式のシーンがあることです。

これはなかなかに衝撃的な設定で、非常に話題になりました。
koto

この突然の設定は、家庭内で子ども達の生活を描く事に限界を感じ、 自分たちの力で生き抜く環境をつくり

兄弟だけで生きていく姿を描くために、 ”両親が事故死”という設定を採用したという、制作者サイドのコメントもあったようです。

しかし、その後も大介役の川野太郎さんは、幽霊役になっても(笑)出演していたのに対し、生稲さんは全く出演しなくなったことで、余計に「降板」という話が広まったんですね。

 

キッズ・ウォー5の、衝撃的な1話は、ParaviやHuluで視聴可能ですよ!

Paraviはコチラ Huluはコチラ

 

まとめ

今回は、生稲晃子さんがキッズ・ウォーを降板された理由や、シリーズ5の衝撃的な初回放送についてまとめました!

生稲さんが出演されなくなった理由は、公式には発表されていないことで「降板説」が出ていますが

主人公として出演されていた生稲さんが、ピタッとでなくなってしまったことを

心配したり残念に思う人が多かったことから、色々な考察が出てきたのかもしれませんね。

キッズ・ウォーは全シリーズ非常に面白いので、時間がある時にまとめて観るのもおすすめですよ!

-ドラマ

error: Content is protected !!